乳児湿疹を防ぐ工夫|洗剤や衣類の使い方を考えよう

子供

工夫することや特徴とは

グッズ

乳児湿疹を予防するために、ベビーオイルやベビーローションなどを購入してスキンケアをしている人も少なくありません。しかし評判のスキンケア用品を使っても、乳児湿疹が良くならないと悩んでいる人もいるかもしれません。そのような場合は、スキンケア用品以外のところを見直して、工夫してみると良いでしょう。例えば、衣類やタオルなどの摩擦をチェックしてみましょう。これらの摩擦によって、乳児湿疹が起きている可能性もあります。衣類やタオルは柔らかくて、肌の負担が少ない商品に変えると良いでしょう。また選択に使用した洗剤の影響もチェックしてみましょう。生分解性の高い洗剤を選んだり、洗剤の量を少なくして洗濯するなどの工夫が必要になります。スキンケア用品以外の見直しは、出来るところから始めると良いでしょう。

赤ちゃんの皮膚トラブルである乳児湿疹には、様々な種類の症状があります。その一つがあせもではないでしょうか。ここでは乳児湿疹の一つである、あせもについて取り上げてみます。赤ちゃんのあせもの特徴としては、ねんね期の赤ちゃんに良くみられます。そのため好発部位としては、首や背中やお尻などといわれています。痒みを伴うため、手でひっかいてしまうことが多くみられます。するとそこからばい菌が入って、とびひになる可能性もあります。何故赤ちゃんにあせもが多いかといえば、赤ちゃんの体温が高いことと汗腺が未発達であることが挙げられます。溜まった汗によって蒸れやすくなり、あせもが出来やすくなると考えられています。汗をかいたら、服を変えるなどのケアも必要でしょう。

乳児に起きる肌トラブル

女性

乳児湿疹は、新生児から生後3か月程度の間によくみられる湿疹である。乳児湿疹の対策としてあるのが、肌を清潔に保つことと保湿することである。皮脂の分泌が多いため、これらを取り除くために清潔にすることが重要になる。

もっと見る

赤ちゃんの肌トラブル

PC

乳児湿疹は多くの赤ちゃんが経験することですので、過度に不安視する必要はありません。対策として、常に肌を清潔に保ち、保湿に心がけ、必要に応じて塗り薬をもらうなど、焦らずにゆっくり治していくことが大切です。

もっと見る

赤ちゃんの肌を健康にする

花

乳児湿疹は、生後間もない赤ちゃんに発症が多く肌のバリア機能がまだ未熟であるため皮脂分泌が上手く行われないことから起きやすいと言われています。皮脂分泌を促し清潔にして、保湿を心がけることが大切になります。

もっと見る